トップページ ⇒ 中古車購入時に必要な書類とは

中古車購入時に必要な書類とは

中古車購入のために必要な書類

 

ここでは、中古車購入の際に必要な書類について紹介します。
中古車を購入するにあたって、事前に準備が必要なものには、実印と印鑑証明書があります。実印は印鑑であれば何でも良いというわけではなく、市区町村役場に登録した実印を使用してください。
印鑑証明書は、実印が確かに登録されていることを証明するために準備します。
中古車購入にあたっては、発行日から3ヶ月以内の印鑑証明書を提示します。
なお、下取り車がある時には、印鑑証明書は2通用意しなければなりません。
また、以下は事前に準備できない書類です。
自動車検査証は中古車を購入するにあたって大切な書類となりますが、販売店で保管されていることが多くなっています。
中古車を購入したときに渡されますが、受け取った際に使用者欄に自分の名前が記入されているのかどうか確認してください。
販売店に代金を支払い済である場合、所有者の欄も確認してください。
また自動車検査証は、任意保険に加入する際に必要となる書類です。
契約締結時に自動車検査証のコピーを提出しなければならないため、事前に準備することをお勧めします。
車庫証明書とは、中古車の保管場所を記載した書類のことですが、警察署に保管場所を申請すると、交付されます。
申請用紙は警察署か販売店で入手できますが、販売店に申請を依頼することもできます。
もし、販売店に各種手続きを依頼するのであれば、委任状も準備しなければなりません。
委任状の雛形は販売店で作成してありますので、中古車購入時に署名、押印するだけで手続きができます。