トップページ ⇒ 中古車の法定費用とは

中古車の法定費用とは

中古車の法定費用とは

 

中古車を購入する場合、法定費用がかかります。
法定費用は、一言でいえば税金です。
中古車の排気量、車検残がどの程度であるのかにより、費用は異なりますが、算出方法は決められています。
自動車税は都道府県税となっており、排気量により、税金が異なります。
排気量が少なければ少なくなるほど安くなり、多くなるほど高くなるのですが、軽自動車については、金額が一定となっています。
自動車重量税は国税となっており、車両重量が重くなるほど税金が高くなります。
なお、この税金は車検残があれば、支払いの必要がありません。
車検を取得する場合、車検期間分について支払います。
軽自動車の税率は、重量に関係なく一定の金額となっており、車検期間により金額が異なります。
自動車取得税は都道府県税となっており、中古車を購入した際に支払う税金です。
軽自動車であれば、購入価格の3パーセント、その他車種については購入価格の5パーセントを支払います。
自賠責保険料は自動車を購入した際には加入が義務付けられている保険で、車検のときに次回の車検までの期間分の保険料を支払います。
消費税も法定費用の一部となっていますが、特定の福祉車両の場合、消費税はかかりません。
法定預かり費用とは印紙代を意味します。
さまざまな手続きにおいて支払いが必要になりますが、地域ごとに金額が異なります。
自動車リサイクル料金については、中古車と新車の場合で異なりますし、また、車種やグレードによっても金額が決まります。
支払時期については、リサイクル預託金の支払いの有無によっても異なります。
なお、自動車リサイクル料金は、自動車の価格に含まれているケースと含まれていないケースがあります。