トップページ ⇒ プライスボードの見方について

プライスボードの見方について

プライスボードの見方について

 

中古車販売店によりプライスボードの表示方法は異なっています。

 

・.現金販売価格
中古車の車両本体価格を意味しており、税金や保険などは含まれません。
・.初度登録(検査)年月
日本での初回時の登録年月のことで、軽自動車の場合、初度検査年が記されています。
・車検証の有効期限
車検残があるかどうかが記され、もし、ある場合は有効期限が表示されます。
検付きと記されていても、税金などの費用負担が必要となります。
・走行距離数
走行距離数が示されています。
不明である場合や、交換や改ざんがあると、その事実も表示されます。
・前使用者の点検整備記録簿
前使用者の点検整備記録簿が付いているかどうかが記されます。
・修復歴の有無
特定箇所の修正や交換歴があるかどうかについて記載されます。
・.使用歴
自家用、営業用、レンタカー、その他の使用歴が確認できます。
ただし、輸入中古車については不明となっていることが多いです。
・.保証の有無
保証が受けられるかどうか判断できます。
また、保証の内容や条件も記載されています。
・定期点検整備実施状況
定期点検整備が行われているのかどうか記しています。
・.定期点検整備あり(納車時)と表示した場合についての整備費用に関する表示
定期点検整備費用が自動車価格に含まれているかどうか判断できます。
・リサイクル料金の預託状況
自動車リサイクル料金が預託済みであるか未預託であるかが記されています。
預託済みの場合、リサイクル料金込みで販売されます。